トラブルを避けるためにコピペチェック プラグインを有効活用

今の時代、サイトを作成するためにあらゆる文章が必要になります。事業者であっても個人であっても同じです。個人の場合、SNSやブログなどに文章を掲載することもあります。こうした文章を自分で作るケースも、外注スタッフに依頼して作成する場合も、最終的な責任は自社や自分自身にあります。

そのため、その文章が他の文章と類似していないか、もしくはコピペではないかをチェックしないといけません。自分で書いた場合でも意図せず他人の文章とそっくりになってしまうことがありますし、外注スタッフに依頼した場合には相手によってはコピペをしている可能性もあるからです。こうしたチェックをしておかないとトラブルに発展してしまう可能性も出てきますが、その際に役立つツールといわれているのがコピペチェック プラグインです。

コピペチェック プラグインがあれば作成した文章をそこに張り付けて検索をすることで、ブラウザ上に類似性の高い文章がないかどうかをすぐに判断してくれます。コピペしているかもチェックできますが、少しだけ似ている文章の有無などもチェック可能です。こうしたツールのおかげでトラブル化する可能性のある文章を公開せずに済みますので、今後、有効活用していくといいでしょう。